コープデリとパルシステムの違い|生協(コープ・COOP)比較サイト

市民による市民のための生協解説&リンク集

他にご存知の生協がありましたらこちらまで
情報提供・お問い合わせ

コープデリの解説ページはこちら パルシステムの解説ページはこちら
コープデリの解説ページはこちら パルシステムの解説ページはこちら

コープデリとパルシステムの違い

どちらも生協なの?
何が違うの?
と疑問に感じていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。


共通点:どちらも生協です

コープデリもパルシステムも、どちらも生協です

違いを比較する前に、まず共通点を確認したいと思います。

コープデリパルシステムも「どちらも生協」です。

コープデリとパルシステムのどちらを利用しても、加入する団体が異なるだけで、生協を利用することに変わりありません。

(コープデリやパルシステムをはじめ、食料品などの宅配事業をしている生協団体は、全国に何百もあります!)



利用できるエリアの違い

コープデリとパルシステムの利用可能エリア

コープデリを利用できるエリア

コープデリを利用できるのは、東京、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、長野、新潟。

お住いの地域によって、「コープみらい」(東京・千葉・埼玉)、「いばらきコープ」、「とちぎコープ」、「コープぐんま」、「コープながの」、「コープにいがた」のいずれかに加入することで利用できます。

「コープみらい」は、旧「コープとうきょう」、旧「ちばコープ」、旧「さいたまコープ」が合併したものです。

パルシステムを利用できるエリア

パルシステムを利用できるのは、東京、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、福島、神奈川、山梨、静岡、新潟。

お住いの地域によって、「パルシステム東京」、「パルシステム千葉」、「パルシステム埼玉」、「パルシステム茨城栃木」、「パルシステム群馬」、「パルシステム福島」、「パルシステム神奈川」、「パルシステム山梨」、「パルシステム静岡」、「パルシステム新潟ときめき」のいずれかに加入することで利用できます。

※栃木は、「パルシステム茨城栃木」と、お隣の「パルシステム群馬」が、一部地域に配送をおこなっています。
→詳しくはこちら⇒ 栃木で首都圏の人気生協、パルシステムを使ってみよう


カタログの違い

コープデリのカタログはボリュームがあり、セール品が多いのが特徴。パルシステムは、落ち着いたオトナの雰囲気。

コープデリのカタログ

コープデリのカタログ(全体写真)

コープデリのカタログは、圧倒的な品揃えと割安感が特徴です。品揃えが大変多いため厚みがあります。業務用サイズの大容量商品や衣料品、日用品など、カタログの種類は多岐にわたります。


パルシステムのカタログ

パルシステムのカタログ(全体写真)

パルシステムのカタログは、自主基準を満たすPB(プライベートブランド)商品が豊富。比較的落ち着いた紙面構成になっています。パルシステムも、食料品に加え、ベビーグッズや衣料品、日用品など、カタログの種類は多岐にわたります。

挿絵資料請求をすると、ほとんどの生協で各団体のカタログをそのままもらえます。ぜひ、比較検討なさってくださいね!



商品構成の違い

コープデリの商品構成

コープデリの商品構成は、コープ商品がメインで、市販品を買うこともできます。
(※生協で市販品を扱う場合は、「生協仕様」といって、その団体の基準に合わせて原材料を変えてあります。)

パルシステムの商品構成



パルシステムの商品構成は、パルシステムのPB(プライベートブランド)商品がメインですが、コープ商品も多く投入されており、”生協らしさ”を残しています。また、市販品を買うこともできます。

(※市販品を生協で扱う場合は、「生協仕様」といって、その団体の基準に合わせて原材料を変えてあります。)



「吉野家の牛丼」で具体的な違いを比較してみます

コープデリとパルシステムの吉野家の牛丼

上の写真のように、コープデリでもパルシステムでも、吉野家の牛丼を扱っています。

向かって右のパルシステムには、
「牛肉、玉ねぎはともに国産、化学調味料不使用で仕上げたパルシステム仕様。春雨を加え、しょうゆ、砂糖などで甘辛く味付けしました。」
とあります。

これに対して、左のコープデリでは、米国産などの原材料です(その分、安い!という長所があります。)

このように、その生協団体の安全基準に合わせて原材料を変えることを「生協仕様」と言うのですが、この「生協仕様の具体的な内容」は、各団体によって違っています。



野菜の違い

コープデリの野菜

コープデリのカタログ 野菜ページ

ほぼすべてが国産野菜で、全国のJAなどから大規模に安定供給をしているという印象です。

コープデリのカタログ オーガニック・有機&果物ページ

オーガニックの品ぞろえも多く、選択肢が豊富。


パルシステムの野菜

パルシステムのカタログ 野菜のページ

パルシステムの産直野菜は、パルシステムの産直の理念を共有し、「産直協定書」を取り交わした産地で栽培されています。

パルシステムのカタログ オーガニック・有機野菜のページ

パルシステムの有機野菜 コアフードマーク小松菜

また、この「コアフード」マークは、JAS有機認証、またはそれに準ずる農産物をはじめとした、パルシステムのトップブランド野菜であることを意味しています。

→コープデリとパルシステムの野菜をもっと比較する


フルーツの違い

コープデリのフルーツ

コープデリのバナナ

コープデリのフルーツは、バナナ以外は、全国のJAや果樹園から取り揃えられている印象です。例を挙げてみるとー
【みかん】愛媛県JAにしうわ日の丸共撰産、JAながさき西海、JA鹿児島いずみ
【いちご】栃木県JAはが野、JAふくおか八女
【りんご】青森県八蜂園、ゴールド農園、JAながの、JAいわて花巻、丸山農園
【洋ナシ】JA新潟みらい
【バナナ】有機栽培メキシコバナナ、園地指定フィリピンバナナ、コープネット指定農場フィリピン産甘熟王エコバナナ等

パルシステムのフルーツ

パルシステムのリンゴ

パルシステムのフルーツは、提携産直産地のほか、全国のこだわり果樹園から取り寄せているという印象です。例を挙げてみるとー
【みかん】さんまる、おても会、佐藤農場、水俣不知火
【りんご】八蜂園、サンファーム、さみず
【いちご】たまつくり、とちのみ
【レモン】広島ゆたか、無茶々園
【ゆず】夢産地とさやま
【バナナ】化学合成農薬不使用エコ産直バナナ…バンラート農協、トゥンカワット、チュンポン(いずれもタイ)等


鶏肉の違い

コープデリの鶏肉

コープデリのカタログに掲載されている鶏肉産直産地は、十文字チキンカンパニー(ニチレイ)、プライフーズ、日本ホワイトファーム(岩手、青森、北海道)。げん気鶏の産直産地はプライフーズ、マルイ食品(青森、鹿児島)。

唐揚げや焼き鳥などの加工食品には「タイ産」など海外産の記載もありますが(産地を確認しながら注文できます)、全体的に国産に力を入れている印象を受けます。

パルシステムの鶏肉

パルシステムのムネ肉 までっこ鶏

一般の若鶏は、生産性を高めるために法定休薬期間(出荷前7日)を除き飼料に抗生物質や合成抗菌剤を添加する場合が多いですが、パルシステムは、生産者と協議を重ねながらすべての産地で飼育期間中(ひな導入から生鳥出荷まで)の飼料に抗生物質や合成抗菌剤を添加しない飼育を実現しています。

さらに、「コア・フード地鶏しゃも」と「米沢郷鶏」は飼料の主原料が非遺伝子組換えです。


豚肉の違い

コープデリの豚肉

コープデリの産直豚生姜焼きetc

コープデリのカタログに記載されている豚肉の産直産地は、千葉ポークランドグループ、下仁田ミート、全農いばらき、協同農産、インターファーム等(千葉、茨城、群馬、岩手、青森、秋田、長野、新潟)。

黒豚の産直産地は、南日本畜産、太平洋ブリーティング肉質研究牧場(鹿児島)。お米育ち豚の産直産地は、岩手畜産流通センターグループ、全農千葉県本部グループ、下仁田ミート、全農長野(岩手、千葉、茨城、群馬、長野)。

加工食品や味付け肉などは米国産、カナダ産など海外産の記載もありますが(産地を確認しながら注文できます)、全体的に国産に力を入れている印象を受けます。

パルシステムの豚肉

豚は、病気にかかりやすいデリケートな動物であるため、市販品は、病気予防目的で、法定休薬期間ぎりぎりまで飼料に抗生物質を添加する場合もありますが、パルシステムの産直産地ではできるだけ薬に頼らない飼育をめざし、衛生管理・温度管理の徹底や豚舎の密度を抑えるなど、自然治癒力や免疫力を高めることに努めています。


牛肉の違い

コープデリの牛肉

コープデリのカタログに記載されている牛肉の産直産地は、北部酪農、国分牧場、鹿追農協、士幌農協、大沼肉牛ファーム、肉牛肥育の会、道東肉牛ファームグループ(千葉、埼玉、北海道)

加工食品や味付け肉などは豪州産など海外産の記載もありますが(産地を確認しながら注文できます)、全体的に国産に力を入れている印象を受けます。

パルシステムの牛肉

パルシステムでは、提携している産直産地の牛肉について『畜産産直取引規定』を定めています。仔牛の導入先を明らかにすることや、肥育期間中(生後10カ月から出荷まで)の飼料には抗生物質を加えないことなど、安全性を重視した生産の基準を設けています。

パルシステムの産直牛肉産地では、牛の生理機能に沿った飼料を多く使用することや、飼養のストレスを軽減することで、薬剤に頼らない健康な牛を育てることをめざしています。 加えて、自給飼料の生産や地域の食品副産物を活用することで国産飼料の比率を高め、また牛舎のふん尿を堆肥にして地域の農地に還元することなどで、環境保全型・資源循環型農業の実現にも貢献。

また牛トレーサビリティー法に基づいて、商品ラベルに牛肉履歴確認番号を記載しています。ホームページ内の『牛肉生産情報システム』に番号を入力することにより、原料牛肉の由来がわかる仕組みになっています。パルシステムでは飼料やワクチンに関する情報も別に開示しています。


ハム・ウインナーの違い

ハム・ウインナーの品揃えは、両者にかなりの差がみられる部分だと思います。

コープデリのハム・ウインナー

コープデリは、無塩せき国産原料のコープ商品から、街中のスーパーで特売しているような大衆的なウインナーまで、幅広い品揃えが特徴ではないでしょうか。安全性も価格帯も、選択肢が多い印象です。


パルシステムのハム・ウインナー

パルシステムのウインナー

パルシステムのハム・ウインナーは、ほとんどが産直豚肉を使用したPBです。PBではないウインナーも売っていますが、すべて無塩せきで化学調味料など使っていない良質なものばかり仕入れている印象です。

全体的にハムやウインナーの品数はそれほど多くないものの、普段、無塩せきしか買い求めない人にとっては、一つ一つ原材料を確認する必要がないのが大きな長所です。


たまごの違い

コープデリのたまご

コープデリの卵は、品ぞろえが多めで、価格は低めに抑えられています。(価格は変動するので、資料請求で最新のカタログを比較検討してくださいね!)

たとえば「CO・OPはぐくむたまご」は、配合飼料のうちトウモロコシについて非遺伝子組換え品種を指定したたまごで、ビタミンEが一般的なたまごの8倍含まれるように設計されています。生産者を指定し、流通経路が明確なたまごに採卵日、賞味期限日を表示しています。コープの職員が定期的に農場やパック工場を訪問しチェックしています。

「CO・OP稲穂のみのりたまご」は配合飼料のうち国産米を飼料の10%配合したピンク色のたまごで、生産者を指定し、流通経路が明確なたまごに採卵日、賞味期限日を表示しています。コープの職員が定期的に農場やパック工場を訪問しチェックしています。


パルシステムのたまご

パルシステムの産直たまご 赤、白

パルシステムの産直産地では、自然の光と風の入る鶏舎で育てています。親鶏の飼料は全産地で、非遺伝子組換えのとうもろこしを厳選。

「パルシステム産直たまご」のほか、米を20%以上エサに配合して育てた「産直こめたまご」や、平飼いの鶏から生まれた「コアフード平飼いたまご」などをラインナップしています。


牛乳の違い

コープデリの牛乳

コープデリのカタログ 牛乳

コープデリの牛乳は、コープ商品から市販品まで品揃えが多く全体的に低価格に抑えられています。

コープ牛乳 なかでも「コープ牛乳」は、年間3700万本を出荷するベストセラー商品なのだそうです。このコープ牛乳の乳牛を育てている関口牧場では、自家製のトウモロコシをはじめ、牧草などを青刈り・発酵させた粗飼料と、トウモロコシの実や大麦、ぬか、油かすなどを混ぜ合わせた濃厚飼料を与えています。


パルシステムの牛乳

パルシステムの乳製品

パルシステムの牛乳は、「こんせん72牛乳」と「酪農家の牛乳」というPB商品の二本柱です。

「こんせん72牛乳」は72℃15秒殺菌のHTST殺菌です。産地は質の高さでは日本でもトップクラスとされる北海道根釧地区に限定。冷涼な気候と恵まれた自然環境から病害虫の発生も少なく、牛の飼料である牧草への農薬散布もできるだけ少なくすむのだそうです。

「酪農家の牛乳」は75℃15秒殺菌のHTST製法です。最低限の加熱で有害な菌だけを殺菌するので、生乳の品質の高さが不可欠。埼玉県、茨城県で酪農を営む生産者が搾乳した細菌数の少ない良質な生乳のみを使用しています。

パルシステムの牛乳は、「こんせん72牛乳」「酪農家の牛乳」「酪農家の低脂肪牛乳」ではHTST殺菌法の72~75℃で15秒殺菌、「いわて奥中山低温殺菌牛乳」はLTLT殺菌法の65℃30分殺菌を採用。消費期限は若干短くなってしまうのですが、パルシステムは生乳本来の風味を大切にしたラインナップになっています。


お米の違い

※価格は常に変動するので、資料請求で最新のカタログをもらって比較検討してくださいね!

コープデリのお米

コープデリのお米

コープデリは、米どころと呼ばれる日本有数の産地と安定した数量の契約を結ぶことで、猛暑などの影響で割れた米粒が多い年は状態を告知して販売したり、反対にお米の収穫量が少ない年に、コープへ優先して出荷してもらうなどピンチのときに協力しあう関係を築いています。

指定した産地にコープの職員が年2回以上訪問し、生育状況や農薬の記録などを直接確認しています。

パルシステムのお米

パルシステムのカタログ お米

パルシステムの産直米は、全産地農薬削減への取り組みを実践しています。産直産地の7割以上、取り扱い数量の5割以上がパルシステム独自の栽培基準「エコ・チャレンジ」を達成しています。

エコ・チャレンジとは、優先排除・問題農薬を使用せず、農薬は当該地域の慣行栽培の半分以下にとどめ、化学肥料も当該地域の慣行栽培の半分以下にとどめる栽培


パンの違い

コープデリのパン

コープデリのパンの特徴

コープデリのパンの品揃えは、コープ商品と市販品の構成になっています。コープ商品のパンは幅広くそろえてられていて、100円を切る6枚切り食パンもあれば、価格が倍の国産小麦食パンもあり、選択肢が豊富です。

パルシステムのパン

パルシステムのパンの特徴

パルシステムのパンは、パルシステムの子会社が製造しているPB商品と、コープ商品がメインです。PB商品は、イーストフードや保湿剤、老化防止剤といった添加物は使用していません。


資料請求(カタログをもらおう)

資料請求をすると、だいたいどの生協でも実際のカタログをそのまま一部もらえます。

サイト内で紹介しきれていない商品もまだまだたくさんありますので、是非、ご自身の目でじっくりと比較検討なさってください。

(複数の生協を併用しても全く問題ありません。)




生協の宅配「コープデリ」

生協の宅配「パルシステム」
※東京、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、長野、新潟 ※東京、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、福島、神奈川、山梨、静岡、新潟







生協・コープ宅配比較|HOME